北杜の オモシロイこと 映画にしよう
北杜「水の山」映像祭  蛍のころの「水の山」映像祭

製作した映画を上映し、アニメーションのワークショップなどを楽しむ1dayイベント


第2回『北杜「水の山」映像祭』始まります!

大前玲子シナリオ教室日程 
《一般部門》全6回:2018年 8/11,8/25,9/8,9/22,10/13,10/27(いずれも土曜 13:00-16:30)@すたま森の図書館
《小・中学生部門》全3回:2018年 7/25,8/1,8/8(いずれも水曜 13:30-15:30)@
北杜市役所
 シナリオコンクール  北杜市を舞台にしたシナリオを全国から募集(2018年10/1-2019年1/15)
《一般部門》:「北杜の自然の人間のドラマ」をテーマとし、グランプリ作の映像制作を2019年6-10月に行います。
《小・中学生部門》:「アニメのシナリオ」をテーマにして、グランプリ作をアニメーション化。


蛍の」映像祭

  

北杜「水の山」
映像祭とは

 
北杜「水の山」映像祭は、自然の恵みに溢れる山梨県北杜市を舞台に短編映画を制作し、上映会を楽しむお祭りです。
 
 
いい映画はシナリオ作りから。シナリオコンクールを開催し、シナリオ教室も開きます。グランプリ作品を映像化するのは、全国公募で選出した映像クリエイター。市民とともに短編映画を制作し、蛍が群れるころに作品の上映会を行います。こうして1年をかけて北杜の魅力に浸り、ものづくりの楽しさを共有します。  

自然に抱かれて北杜の魅力、再発見。

水、森、山、太陽…北杜市は自然の宝庫であり 世界に誇る「水の山」プロジェクトも進んでいます。そこには自然とともに生きる人々がいて、歴史や民話があり、さまざまな暮らしが広がっています。観光名所という枠に収まりきれない北杜の魅力に目を向けます。

自分たちで生み出すストーリー。

北杜市を舞台にした短編映画用の シナリオコンクールを開催します。
その際、コンクールへの応募に向けた シナリオ教室も開きます。

映画を創るという楽しみ。

シナリオコンクールで《一般の部》と《小・中学生の部》のグランプリを選び、それぞれのシナリオを映像化するために 映像クリエイターを募りました。
映像クリエイターと市民が協力し 短編映画を制作します。 

シェアする喜び。その先へ。

2018年7月1日(日)に、 女神の森 (小淵沢町)で 『蛍のころの「水の山」映像祭 in 2018』を開催します。映像作品を上映し、1年間の映像祭全体の着地点としての1dayイベントを楽しみます。
さらに翌年の映画祭へと続くことで、さまざまな場で鑑賞できる北杜の映画のアーカイブができていきます。
スケジュール
北杜「水の山」映像祭BLOG
世界に誇る  「水の山」プロジェクト
人と自然と文化が躍動する環境創造都市 山梨県北杜市