映像祭ではペッピーノ一座がパフォーマンスを披露します!

映像祭の7月1日の午後、女神の森セントラルガーデン「沙羅」コミュニティホールで「ペッピーノ一座」が人形劇&ストリートパフォーマンスを披露してくれることになりました!

ペッピーノ一座は、北杜市内で活躍する3名のパフォーマンスユニットです。

人形劇と言っても、人形も登場する演劇、というようなダイナミックなスタイルが特徴。

題材は、童話や児童文学をベースにしますが、独自の解釈でそれを大胆に変貌させるところが魅力です。

 

会場となる「沙羅」コミュニティホールで打ち合わせ中。どんな仕掛けでパフォーマンスをすると楽しいか、皆で想像を巡らせます。

緑に囲まれ、広々とした会場。ゆったりとした贅沢な雰囲気がある空間です。

ペッピーノ一座のナッキーさん(右)とルリコさん(左)。とっても陽気♫

そしてのりこさん。3人はヨハネ保育園に通う園児の保護者同士として出会ったそうです。座長のナッキーさんはかつて芝居の世界におり、出産後、この地で出会った移住者仲間たちと新たなものを創り上げたいという欲求が湧き上がったとのこと。ヨハネ保育園での公演は毎年恒例となり、4−5年続いているそうです。

7月1日の映像祭では、全てが手づくりの新作を披露してくれます。
ベースとなるのはフランスの児童文学「みどりのゆび」。北杜の豊かな自然のイメージにぴったりで、植物を開花させる不思議な力、戦争、死の受け止め方などなど、さまざまなことを感じさせるような素敵な舞台になる予定です!

子どもは大人が思っているより深いメッセージを受け取れる、というのがナッキーさんの考え。そしてそのメッセージは、大人にとっても大切なはずです。

一体どんなパフォーマンスになるのでしょうか? とても楽しみです!

皆さん、ぜひお越しくださいね!(音楽担当の神田さんとともに)

 

映像祭の参加は無料で、以下のページに参加申し込みフォームを公開しました。

http://hokuto-eizosai.com/eizosai2018.html

(フォームから応募頂いた方に抽選で映像祭Tシャツ&ミズクマピンバッチをプレゼント致します!)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です