配役が決定!顔合わせ・初本読みを行いました

第1回シナリオコンクール一般部門グランプリ作の映画「虎をかぶりて、駆けてく」の配役が決まり、8月6日に顔合わせが行われました。

北杜市在住、または北杜市に縁の深いキャストばかりで、演技は未経験者がほとんど。まさに北杜の手作り映画となりそうです。

和やかな雰囲気の中で自己紹介が終わり、初本読みに入ります。
決定稿の台本は、皆この日が初見。それぞれの役に入っていこうと真剣にセリフを読み合わせます。

配役も踏まえて最後の最後まで練り直した監督肝入りのシナリオですが、セリフが声に出されることで一気に命が吹き込まれていくようです。

幼なじみ役のツーショット。身長差36センチ! 虎舞の祭りには皆さん、ぜひお越し下さい!
何しろ第1回目の映画づくり。解決しなければならないことがさまざまあり、配役もどうなることかと心配な時期もありましたが、こうして決まってみると、「声がいい!」「役に合っている!」など素直に言い合える楽しみな雰囲気となりました。稽古はこれから。皆体当たりチャレンジですので、応援してください!!

手作り映画ではありますが、撮影&製作トータルアドバイザーは、現役で多くのCMやドラマ、映画を撮り続けているプロ、藤原秀夫さんです。
そして映像の編集は、長田千鶴子さんに引き受けて頂くことになりました。長田さんは、『ビルマの竪琴』『犬神家の一族』等幅広い作品を手掛けて日本映画を牽引した故・市川崑監督の作品を長い間編集されてきた方です。
プロのお二方が市内在住で、この映像祭に力を貸してもらえるのは大変心強く、そしてとても楽しみです!!