大事なシーンの撮影を兼ねた祭りを企画、5月頃開催予定!

一般部門グランプリ作「虎をかぶりて、駆けてく」のシナリオ修正は、ついに第15稿目に突入。最終稿が、2月13日に北杜市「水の山」映像祭実行委員会の会議の席で配られました。

急遽割り当てられた配役で読み合わせが行われ、皆真剣に聞き入りながら情景を思い浮かべていきます。
その後、名取監督がシナリオの背景を説明。登場人物の性格形成に関わる過去の出来事や家族構成など、物語の裏側にある細かな設定までしっかりと練られた結果、主人公の行動や心の移り変わるさまに説得力が増しているのが分かります。

特に期待が膨らむのが、伝統芸能「虎頭の舞」のシーン。甲州台ヶ原宿の祭りに千人、二千人と人々が集う中、主人公らが渾身の舞を披露するという場面です。

実際の甲州台ケ原宿虎頭の舞保存会の方々が、なんとこの映画のシーンのために全面的に協力してくださるとのことです。
さらに地域の方々の協力を得て、撮影を兼ねた本物の祭りを企画しようと構想中。祭りの時期は
ゴールデンウィーク明けの5月の週末(1日間)の見込みです。
虎の舞を披露するほか、出店も並ぶので、祭りに遊びに来てもらう感覚で千人規模のエキストラを募集する考えです。(詳細は決まり次第告知致します!皆さん是非是非、足をお運び下さい!)

会議は、7月1日に開催する映像祭の内容や、次年度の映像祭の流れについての議題に及んで閉会。場所を変え、鍋を囲んでの懇親会となりました。

今回は映像祭第一回目であり、皆の中に大変でも絶対に成功させたい、次につなげたいという思いがあります。
改めて、民間からの提案に行政が応えて環境を整え、また提案側が行政任せでなく自発的に動いて形にしていくという、類を見ない
信頼関係が築かれてきたことを称え合い、この映像祭に関わることができて嬉しいという声も上がりました。

北杜の観光PR映像というような小さな枠にまとまることのない、大きな可能性を秘めた作品が選ばれ、地域と一体となって楽しむための構想が広がって、人の感情が動く映画を撮るための”設計図”(=シナリオ)が完成する段階まで辿り着きました。

 


一般の撮影補助スタッフ(特に5月に開催予定の祭りの日とその前日に多数必要)、祭り当日のエキストラ、出店者の募集などについての説明会は、3月に行う予定です。

また、7月1日に開催する女神の森での映像祭in2018のお手伝いや、出店者も募集する予定です。
詳細は決まり次第HPで告知させていただきますのでお楽しみに!

お問い合わせフォーム

 

また、これまで『蛍のころの「水の山」映像祭』として活動を行ってきましたが、次年度以降も継続することを踏まえ、映像祭としての毎年変わらない名称を『北杜「水の山」映像祭』に決定。
『蛍のころの「水の山」映像祭』を今年度のサブタイトルとして、来年度以降も時期をずらして変化を出しながら開催していきたいと考えています。引き続きの応援、ご参加よろしくお願いいたします!

shareShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です