シナリオの考え方をいつまでも-名残惜しいシナリオ教室一般部門最終回

早いものでもう6回目、今年最後となる大前玲子シナリオ教室一般部門が9月16日に行われました。

全体を通し、作品がひとりよがりになっていないか、脇役ではなく”主人公”が描かれているか、同じことを二重に言ってはいないか、1行目からドラマが展開しているかなど、ここでもう一度見直したい大事なポイントを振り返り、それぞれの作品の紹介に移りました。

これが最後の機会だからと、今回初めて自作のシナリオの内容を発表した人たちも。
「どうしたら人前で発表するときに緊張しないんでしょう?!」という切実な問いに対し、参加者から「息を吐きながら、手のひらの真ん中をぎゅーっと押すといいわよ」という意見が上がり、それはいい!と急遽皆でやってみる場面もありました。

講義を終えた大前先生は、「皆さんが楽しんで下さっていたのが伝わってきて、こちらもすごく楽しかったです。コンクールにはぜひ応募してください」と、いつもながらのエネルギッシュで愛情いっぱいのチャーミングな笑顔で締めくくってくれました。

「厳しい先生と聞いていたんですが?」と尋ねると、まだまだ6回だけだし…というご様子。「まずはシナリオが面白いということをしっかりわかってもらうこと。それがわかれば、もう抜けられなくなります。一生書く人もいます。シナリオを書くことは、自分の心をさらけ出すこと。さらけ出すと楽になります」。
シナリオの考え方は、一度身につけると生きていく上でずっと役に立つようです。自分やいろいろな出来事を客観視して、何かと面白がるようになります。

「何もないより面白い方がいい、人間万事、塞翁が馬」と言う大前先生。先生自身の人生も、聞くとハプニングとどんでん返しだらけでドラマのよう。ぶつかってもそれによって本音を知り合える、というのは、シナリオだけでなく実生活にも通じる思いのようです。

大前先生がシナリオの世界に入ったのは、もとはと言えばご主人への突然の余命宣告(実は誤診?)がきっかけだそう。主婦業から一転、仕事を得るために資格試験の勉強をしていたころ、お子さんに絵本を読み聞かせていて、ふと「これ、私でも書ける、そっちの仕事の方が面白い」と思い、未経験ながら物語を創作。さっそく出版社への持ち込みを敢行するも、どこからも拒否されてしまったそうです。
なぜ駄目なのか知りたくて、友人のつてで人に見てもらうと「シナリオをやりなさい」と言っていたとのこと。その翌日、目に飛び込んできたのがシナリオセンターの新聞広告。連絡し「すぐに来なさい」という返事に舞い上がって、(実は年中募集していたのだそうですが…)入学を決意。

シナリオの勉強を重ね、ついにシナリオライターになったと大喜びしたその日、(実際は企画書を書く仕事を回してもらっただけでライターになったというのは勘違いなのですが)ご主人から海外赴任の話が…。「私は海外にはついていかない。その間に、絶対にプロになるから」と懇願し、その発言通り、ご主人が帰国する4年半ほどの間にプロになったのだそうです。

受講生一人一人の人生も、聞くと多種多様で、シナリオに挑戦すると一つとして同じ内容にならないのが面白いところ。それぞれが書いてきたものを発表したり、お茶の時間に談話することで、次第に親密な空気ができていたところでした。

講義の内容が有意義だったのはもちろん、もう終わるのは寂しい、もっといろいろ話したかったという声が多く、願わくば受講生の誰かの作品が大賞に選ばれ、その暁に祝賀会(&残念会)をしましょう!と、飲み会の場を自主的にセッティングしてくれた人も。

 

シナリオコンクールの応募締め切りは10月6日です。
これまでに頂いた応募に関する質問をもとに、HP上にQ&Aコーナーを追加しましたのでご一読ください。

シナリオ教室に参加された方も、参加されなかった方もどしどしご応募ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です