20分の映画って…短い⁈ シナリオ教室一般部門4回目

8月19日、雨続きから一転して夏らしい暑さが戻った八ヶ岳で、一般部門のシナリオ教室が開かれました。

小説やエッセイは独学で書けても、シナリオは習わないとなかなか書けないとも言われます(スタッフ談)。
しかし2週おきに行われるこのシナリオ教室も4回目となり、皆少しは慣れてきたのでしょうか。大前先生作成のシナリオ教材(なかなかきわどい三角関係のお話です!)の続きを黙々と書き進めます。

全員の発表を聞いてみると、書く人によって登場人物のキャラクターに違いが出るのが面白く、前の時よりも皆断然よく書けているとのお褒めの言葉がありました。

前回に引き続き、コンクール用のシナリオ、またはあらすじの発表も行います。
「夫に勧められてシナリオ教室に参加したけれど、書くのは苦痛しかない!」と言いつつも、さっそく最後まで書き上げて有意義な講評をもらう人。前回発表してアドバイスを得た題材でシナリオを形にし、さらに新たな視点の意見をもらう人。また、タイトル付けについて質問をする人などさまざまです。

それぞれの思いは膨らむものの、今回の映画は20分間。どうポイントを絞っていくかも大事になるようです。

お茶タイムでは、日頃考えていることや、物語ばりの体験談を打ち明け合ったりして盛り上がり、シナリオを書こうなどと志すだけある!と受講者たちの個性の面白さに頷くのでした。

➡︎シナリオコンクール募集要領

➡︎映像クリエイター2名募集(8月末まで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です