今年も始まりました!大前玲子シナリオ教室

2018年7月25日に、今年初となる北杜「水の山」映像祭大前玲子シナリオ教室が開かれました。

この日行われたのは小・中学生向けの授業で、会場は去年に引き続き北杜市役所です。小学校高学年を中心とした生徒たちが北杜市内から集まり、まずは一言ずつ自己紹介を行いました。

大前先生が用意した短いシナリオを少しずつ使って、イメージを膨らませていきます。自分たちで読み合わせも行いました。

この先はどうなるでしょうか? 続きを少し考えてみます。
聞いてみると、それぞれ違った意見が出ます。どんな性格だからなのでしょうか。人は皆違う、だから面白いのがシナリオです。間違いはありません。

どちらが面白いでしょうか? 2パターンのシナリオを聞き比べてみました。物事がすんなり解決すると物足りなさを感じ、困ったことがある方がより面白く感じるようです。「たくさん困ってください」。

では、昔話に出てくる主人公の性格が3パターンあったら、それぞれどんなお話になるでしょう? 3つのグループに分かれて考えました。

主人公の性格に沿った面白い意見がいろいろと出てきます。

覚えたてのシナリオの書き方で、さっそくストーリーを書き起こします。

難しい言葉も入れてどんどんお話を創り、挿絵まで描いていた5年生の篠原千遥さん。小説を読むのが好きで書いたり創ったりすることに興味があり、将来シナリオライターになりたいそうです。

人を驚かすのが好きだという6年生の清水千愛さん。湧いてきたストーリーを楽しそうに発表していました。

今年の小・中学生部門のコンクールでは、アニメーション作品のシナリオまたはあらすじを募集します。(この教室に参加していなくても応募できます。→シナリオコンクール募集要項
アニメーションは、ファンタジックなストーリーでも映像にしやすいので、どんな存在が登場しても大丈夫です。「北杜市を舞台に、どんなお話を創りたいか考えてきましょう」ということで1回目の授業が終わりました。

一般向けのシナリオ教室は8月11日(土)からで、まだ若干名の空きがあります。大前先生の授業は聞いているだけで楽しく、プロの視点でわかりやすく指導してくれると昨年も大好評でした。大前先生の授業を受けられるのは大変貴重な機会ですので、迷っている方はぜひご参加ください!

シナリオ教室の詳細・お申込みはこちら

 

shareShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です