音楽が入り完成間近!11/18上映

映画「虎をかぶりて、駆けてく」の映像編集作業が無事完了し、劇伴制作の段階まできました。ピアノ曲を手がけてくれるのは、山梨県出身の作曲家・ピアニスト小林真人さんです。小林さんは現在東京在住ですが、八ヶ岳南麓をテーマとした美しい曲作りや、北杜でのコンサートを数えきれないくらい行ってこられました。北杜市には大変馴染みの深い音楽家です。

松永監督と以前から親交がある小林さん。二人でスクリーンで映像を見ながら、どんなタイミングで曲を入れるかといった具体的な打ち合わせが進みます。

今回の映画テーマ曲『流れる雲を見ていた』は、小林さんのメジャー進行の爽やかな曲ですが、あえてマイナーにアレンジしたり、軽トラのラジオから流れる曲まで考えたり。主人公の気持ちの変化に寄り添った劇伴作りが行われました。

その後、最終の整音作業が行われ、いよいよ北杜初の手作り映画の完成となります!

初上映となる11月18日(日)の「水の山」感謝祭2018 の内容も決定しました!
13:30からで、短編映画の上映のほか、台ヶ原宿の保存会メンバーによる虎の舞の披露や、監督や演者の制作秘話が聞けるクロストークもあるのでお楽しみに。是非女神の森セントラルガーデン(小淵沢町)にお越しください。

午前中は、食や農に関するプログラムが行われる予定で、こちらも楽しそうです。全日参加無料、ただし市内のレストランやカフェの「定番メニュー」を試食できる12:00からのプログラムだけは数に限りがあるため事前申し込みが必要です。

 →詳しくは「水の山」感謝祭2018 ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です