羽化の瞬間、撮れました!

第2回北杜市シナリオコンクールグランプリ作「オオムラサキと図鑑くん」の映像化に向け、準備が進んでいます。本格的な撮影は来年ですが、この時期にしか見られないオオムラサキの羽化などの映像を今年のうちに撮りたい考えです。

北杜市オオムラサキセンターの協力を得て、生態観察施設「びばりうむ長坂」へ。クヌギやエノキの木が茂り、オオムラサキにとって素晴らしい環境です。

サナギがちょうどいい場所にないかを下見。サナギの色を観察して羽化に近いかを推し量り、ランチの間も交代で羽化が始まるかを見張るといった地道な努力が実り、数日の撮影期間中にうまく羽化の瞬間の映像を捉えることができました!


サナギから出て間もないオオムラサキ。抜け殻につかまったまま、羽が乾くのを数時間じっと待ちます。この間に、触覚などもどんどん変化して立派になっていくのが見事です。ウォーミングアップのようにわずかに羽ばたいた後、やっと乾いた美しい羽を広げることができます。

オオムラサキに好かれる撮影陣。この濃い紫の羽の蝶がオスです。

おや、監督の手にも・・・。

「3、2、1、キュー!」・・・そううまくは飛んでくれません(笑)。

オオムラサキの幼虫(通称ムーちゃん)が葉を食べる様子も見られました。虫が好きでない人もつい見入ってしまうほど愛嬌がある顔が特徴です。

周辺の雑木林などいろいろな場所へ赴き、撮影に相応しいかを検討。ヒルに噛まれてだらだらと流血する惨事に見舞われながらも撮影陣に頑張っていただきました。オオムラサキだけでなく、しまいにはヒルの生態にも詳しくなっています!

映像カメラマンの藤原さんが撮った映像を、松永監督がしばし確認。


とても美しく撮れています!!
理科の学習用にもなりそうなほどきれいな映像。自然界の不思議さについて思わず考えさせられます。4K の精細な描写で、大きな画面で観るのがとても楽しみです!


このほか八ヶ岳の実景などを押さえて、この夏の撮影は終わりとなります。
その後、いよいよ子どもたちのキャストを募って稽古を始める段階へ。
映画制作情報は、今後HPで告知していきます!オーディション情報などお見逃しなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です