グランプリ受賞者インタビュー

「オオムラサキと図鑑くん」で第2回北杜市シナリオコンクール一般部門のグランプリを受賞した竹上雄介(たけがみゆうすけ)さんは、東京生まれ東京育ち。北杜に知人がいるということで、第1回に引き続き、今回の第2回のコンクールにも応募されました。

グランプリ受賞を知った時のことを聞くと、「単純に嬉しかったです」と笑顔。
「今回は結構練って、自分ではこれだというところで出したので、駄目だったらがっくりくるかも、と思っていました。1次審査が通り、2次が通り……どきどきしました!」

受賞したシナリオは、小学校高学年の子どもたちのお話です。映像化されたときのイメージを思い浮かべ、子どもの話を書くことは少なくないそうです。

北杜市のことを調べていて、オオムラサキから大村 咲ちゃんという女の子の名前を思いつき、そこから構想はどんどん膨らみました。「ただ、この名前を思い付く人はいっぱいそうなので、人間的な心の変化をきちんと表現できるように気をつけました。短編なので、些細な変化をダイナミックに描くというか」。

普段は思いついたらパッと書くことが多い竹上さん。「今回は調子に乗るのをぐっと抑えて、練る段階を置いた後に1週間程で書きました。構想から書き上がるまで1ヶ月くらいだったでしょうか」と話していました。

竹上さんがシナリオを書き始めたのは4〜5年前のこと。その前から有名映画会社にお勤めされており、製作現場の雰囲気はよくご存知です。ただ、これまで経理などの”固い”業務に就いており、なんとか自分の作品が映像化されないかと、いくつものシナリオコンクールに自分で応募し続けていたそうです。

「年間10本は書くので、これまで50作品は書いたかも」と竹上さん。仕事が忙しい中、シナリオセンターの通信講座も受講していたそうです。

今回の受賞後、松永監督や大前先生と映像化に向けて打ち合わせを行い、セリフをもっと面白くして、オオムラサキの魅力がより伝わるように、との観点からシナリオの書き直しをしている最中だそうです。
「応募したときは自分では完璧と思って出しているのですが、話を聞くとどれもなるほどな!と思うのです。代案もサッと出てきて、関心しました。これから悩みたいと思います」と悩むのが楽しそうな様子。

また、役のイメージを固めるためにキャラクター表も作り、絵コンテを描いてもらいました。「大村咲ちゃんなんかイメージにぴったりの絵で、シナリオに書いたことが伝わっていたんだ、と嬉しくなりました」。

来月には撮影シナリオを確定するスケジュールだそうです。念願の映像化。夢が叶うって素敵ですね。北杜をより知った後での最後の手直し、期待しています!

 

 

映画の設計図がシナリオ。いいシナリオから悪い映画はできても、悪いシナリオからいい映画はできない……

第3回北杜市シナリオコンクールは来年になりますが、コンクールに向けたシナリオ教室は今年も開催します!大前玲子先生の魅力的なトークを聞きながら、みなさんもシナリオの世界を楽しみませんか?

大前玲子シナリオ教室応募はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です