人間ってこういうもの-葛藤を描く



今期2回目のシナリオ教室が、7月13日に須玉ふれあい館で開かれました。
前回から約1ヶ月が経っており、その間に半数以上の受講者が大前先生に宿題を送って添削をして頂いたようです。提出物により「皆さんがどんなことで悩んでいるかがわかる」とのことで、そのことを踏まえて授業が始まりました。

一番大切なのは、ドラマを観ている人がどう思っているかということ。普段ドラマや映画を観ている時に自分が何を感じているかを意識してみるのも大事だそうです。
これはどういうことだろう?と観ている人に考えさせ、そのまま主人公に感情移入させてしまうこともできます。セリフ以上に「ト書き」がとても意味を持つことがあります。

ドラマとは「人間ってこういうもの」というあり様を描くというお話が当初からありました。中でも「本当はこうしたい、すべきなのに・・・」という「葛藤」の感情は大事なところです。
大前先生自身のライティング経験から、この時はまだ「葛藤」を描けていなかった、この時に初めて描けたと感じた、といった具体的なエピソードが語られ、受講者たちは真剣に聞き入っていました。

自己紹介タイムもありました。今回は「私は実は・・・」という自己紹介です。本当のことでしょうか? シナリオ教室ですから、嘘でもOKです!

大前先生が用意したシナリオテキストをスタッフが読み合わせます。わざとおかしな部分を入れておき、それがどこかを考える時間もありました。

シナリオの続きを考えてみます。恥ずかしがらずに自分をさらけ出して・・・。

「大前先生の話がとても面白くて、受講して本当に良かったです。自分のための講座のよう。書く仕事に興味があり、ドラマやサスペンスが好きだし、無理なく勉強できます」と話す受講生もいました。シナリオライターになろうと思って受講を決めたのではないそうですが、自分に合っていると感じて妄想を楽しみながら書いているようです。
今回も宿題がありますので、添削してもらえるのが楽しみですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です