北杜「水の山」映像祭
北杜「水の山」映像祭
北杜の オモシロイこと 映画にしよう

HOME > 「オオムラサキと図鑑くん」あらすじ

 「オオムラサキと図鑑くん」
STORY 

 竹上雄介 作 

 

転校生の大村咲(11)は、蝶のオオムラサキと同姓同名であることでクラスの男子からからかわれ、不登校になっていた。自分がからかわれるのは「全部こいつらのせいだ」と、咲はオオムラサキを憎み、撲滅を目論む。
ある日、公園でオオムラサキを捕えてニヤリとしている咲を、同級生の笹崎直樹(11)が見つけてしまう。直樹は昆虫図鑑をいつも抱え「図鑑くん」と呼ばれるほどの昆虫好き。
図鑑くんは咲を止めようとするが、なぜか咲のオオムラサキ撲滅計画に巻き込まれていく。
咲へ密かな想いを抱く図鑑くんは、傷ついた咲をなんとか励まして、撲滅計画を思い止まらせることができるのか。
二人はオオムラサキがいない街へと向かおうとするが・・・。